毎日使うものだからこそ、一度見直してみよう│見直そう、基礎化粧・メイクアップのこと

見直そう、基礎化粧・メイクアップのこと

その使い方、合っているかを見直そう

基礎化粧品やメイクアップの化粧品、果たしてその使い方は正しいのか?
きっかけがないと問うことはないと思いますが、意外と知らないで使っていることが多いと思います。

基礎化粧品の役割

メイク落とし

メイクをしたら必ずメイク落としを使いますよね。ミネラル化粧品やオーガニック化粧品等増えてきましたが、それでも必ずメイク落としはすると思います。ファンデーションやアイシャドウ、?口紅などには、油性の成分が含まれています。そのため、普通の洗顔だけでは落とすことが難しく、専用のメイク落としがあるわけです。

洗顔料

洗顔料で落とせるもの、それはメイクをしていなくても誰にでも必ずある皮脂汚れや古い角質です。洗顔料を使って洗顔すると、肌がさっぱりとして、一皮むけたような感覚があると思いますが、皮脂汚れや古い角質を落としたためですね。

化粧水

洗顔後、失われた水分を補うのが化粧水の役割です。恐らく、多くの方が"化粧水"のステップを大切にしていると思いますが、化粧水をしっかりと肌に浸透させることで他の基礎化粧の効果を高められるとも言えます。洗顔後、肌を放置せず、必ず化粧水を使うことがおすすめです。

美容液

比較的スペシャルケアのような存在である美容液ですが、その効果は商品によって様々で、美白や保湿、ハリ、シワなど、特定の効果をアップさせるための基礎化粧です。たまに、乳液の後に使う方を見たことがありますが、(商品にもよりますが)乳液の前に使うのが基本です。

乳液

化粧水とセットのイメージが高い乳液ですが、油分が含まれているもので、一般的には保湿された肌にフタをする役割があります。乳液に含まれている油分は、肌に必要な油分なのでオイリー肌の方も保湿のために使うことをおすすめします。

クリーム

美容液と並んでスペシャルケアのイメージがあると思いますが、乳液でフタをした更にフタをして美容効果を高めます。美容液と同様、その効果は様々です。
サプリメント 通販